つむじはげ改善の効果が期待できるシャンプーの選び方

つむじがはげてきたら

つむじがある頭頂部がはげてしまうことを別名「O字はげ」と言います。
体の末梢にある頭頂部は最も血流が悪くなりやすい場所であり抜け毛や薄毛も進行するのですが、対策すると効果が出やすい場所だとも言われています。

 

男性の場合、M字はげと同様にO型はげもAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状だと言われており、症状を改善させるためにはシャンプーの選び方は重要です。
インターネットで調べるとシャンプーの選び方には諸説あるようですが、選び方のポイントは2つあります。

 

 

つむじがはげたらシャンプーを見よう

 

シャンプーの成分表を見ると水の後に様々な成分が書かれていますが、石油系の合成界面活性剤が多く含まれている物は選ばない方がよいです。
石油系の合成界面活性剤の中でもラウレス硫酸、ラウリル硫酸、スルホン酸などが含まれていると洗浄力が強いシャンプーであり、必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまう可能性があります。

 

もう1つのポイントについて髪の毛はタンパク質からできていますが、そのタンパク質はアミノ酸を構成して作られていることからアミノ酸が含まれたシャンプーはおすすめです。

 

市販されている育毛シャンプーの数は多いですが、育毛シャンプーだけに育毛効果を期待することはできません。
育毛シャンプーに加えて育毛剤を使ったり生活習慣を整えることで症状の改善が期待できます。

 

http://www.kurdishcreativefilm.com/

つむじのはげを促進する好ましくない生活習慣とは

つむじのはげを促進する可能性がある好ましくない生活習慣がいくつかあります。

 

つむじのはげには煙草とお酒が影響

まずは喫煙について、タバコに含まれているニコチンは体の毛細血管を収縮する作用があります。
つむじはほとんどの人が頭頂部にあり、体の先端にあることから血流が悪くなりやすい場所で抜け毛や薄毛が促進しやすい場所です。

 

また飲酒について、アルコールは頭皮の皮脂量を増やす作用があり、皮脂が毛穴をふさいで毛を作る組織に酸素が行き渡らずに抜け毛が増えたり、毛が成長しない可能性があります。
そしてお酒を多量に飲むことで抜け毛や薄毛を引き起こす男性ホルモンを作る酵素が多く分泌されると言われています。

 

つむじのはげはストレスが原因

更にストレスについて、私達の体はストレスを受けると硬くなり血管が収縮することで頭皮の血行が悪くなり抜け毛が進むことになります。
普段の食事については当然のことながら肉類や油ものを多く食べると皮脂が多く分泌されるだけでなく、塩辛い食べ物や辛い食べ物も頭皮の老化を早める可能性があります。

 

これらはいずれも改善することは簡単なことではありませんが、改善できれば健康のためには好ましいことばかりです。

 

タバコについてはすぐに禁煙し、お酒や食べ物については徐々に減らすようにし、ストレスについては自分が楽しいと思えることを見つけて1日10分でも発散できるようにしましょう。

 

http://www.bosanski-nacionalisti.com/